なぜ『乳酸菌』なの?

乳酸菌研究の進歩はめざましく、乳酸菌にはリンパ球の数を増やす効果があることがわかり、乳酸菌関連商品も多様化する一方ですが、それぞれ機能はずいぶんと異なります。

体内での行動能力にも種類ごとに差があり、大きく分けると
「生きたまま腸まで届くもの」
「胃酸や胆汁などにやられて腸の手前で死滅してしまうもの」
の2種類があります。

生きて腸内に到達できるものは、腸内の善玉菌を増やすとともに、悪玉菌退治もしてくれます。 しかし、めでたく腸までたどり着いても、腸には体と相性の良くない菌を排除する「免疫反応」があるため腸内にそのまま棲みつづけるとは限らないのです。

もともと腸内に定住している菌を「常在菌(定住菌)」
一定期間を過ぎると出て行ってしまう菌を「外来菌(通過菌)」と呼んで区別しています。 ヨーグルトが「毎日食べないと効果がでない」といわれるのは外来菌(通過菌)だからです。

つまり、腸内の乳酸菌を増やすためには、外来菌(通過菌)ではなく、赤ちゃんの頃から腸内に棲んでいる、古参の常在菌(定住菌)を増やすことが大事なのです。

そこで善玉菌を補うのではなく、腸管付近の免疫関連機構に直接働きかけ、善玉菌と同様の働きをすると考えられている『バイオジェニクス』に着目。 腸内の善玉菌の数を増やすといった発想ではなく、直接免疫機構をバックアップしようという考えに基づき『乳核酸』が誕生しました。


有機酪酸とは

発酵産生物である短鎖脂肪酸、特に酪酸は大腸粘膜上皮細胞の最も利用されやすいエネルギー源で、吸収された酪酸の多くが、大腸粘膜で利用されます。

大腸で酪酸が産生されないと大腸粘膜細胞は、エネルギー欠乏状態となります。 酪酸欠乏は潰瘍性大腸炎の一因とも言われており、また大腸粘膜の水分吸収機能も低下します。

酪酸はエネルギー源として以外に、ホルモン系・神経系を介して消化管粘膜上皮細胞の増殖を促進する作用も有する一方、変異した癌細胞に対しては増殖抑制作用・分化促進作用を持つと言われています。 さらに、変異細胞の細胞死(アポトーシス)を惹起するとされています。
 発酵ハンドブックP278より 
 北海道大学大学院 農学研究科 
 原 博 氏


リンパ球って何?

リンパ球とは体を細菌などかの外的から守る免疫システムの一部でNK細胞B細胞(Bリンパ球)、T細胞(Tリンパ球)などの種類があります。

≪体液性免疫、抗体産生に携わるB細胞、それをサポートするヘルパーT細胞≫

≪腫瘍細胞やウイルス感染細胞の破壊など、細胞性免疫に携わるのはキラーT細胞・NK細胞≫

寿命は数日から数ヶ月、時には年単位である。 骨髄で未熟な状態で産出された後、胸線(T細胞)や骨髄など(B細胞)で成熟し、さらにはリンパ節に異動し、そこでも増生・成熟が行われるなど複雑な経過をたどります。

特に今、注目されているのが
NK細胞
NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は殺傷力が高く、常に体内をパトロールしがん細胞やインフルエンザなど、ウイルス感染細胞や細菌を発見すると、攻撃指令がなくても独自に戦闘態勢に入り、強力なパワーで抗原・異常細胞を殺してしまうという性質を持ち、特に、抗腫瘍効果には抜群の威力を発揮するといわれています。
*参考文献「免疫革命」著者
 安保徹(あぼ・とおる)教授

安全な食卓と健康を考える

化学・技術の進歩により、私たちは何不自由のない豊かで便利な生活を送ってきました。その結果、大気汚染、土壌汚染、水質汚染、残留農薬、食品添加物などの影響により、私たちの免疫力、生命力は深刻な状況になっています。そんな環境悪化の時代を乗り越えるためには、本来私たちが持つ免疫力を高め、自らの身体を守る必要があります。





腸は第2の脳 "second brain"

私たちの腸は、腸内細菌との共同作業によって、消化・吸収はもちろん。代謝、排泄、合成、解毒、造血、免疫、分解、抑制・・・と、 栄養の吸収や脳内ホルモンの合成に、腸の機能が密接に関わっていることから『腸は第2の脳』とも呼ばれています。
腸内細菌のバランスが崩れてしまうと、免疫力が弱まり、病気や肥満の原因にもなってしまいます。 "腸内細菌を元気にし、バランスを保つこと"で免疫や体調が整えられ"健康への第一歩"へと繋がると考えています。


免疫力の60%が腸管免疫力

私たちの健康は腸管免疫力で維持されています。 乳核酸は善玉菌を補うのではなく、腸管付近の免疫関連機構に直接働きかけ、善玉菌と同様の働きをすると考えられている『バイオジェニクス』に着目。腸内の善玉菌の数を増やすといった発想ではなく、直接免疫機構をバックアップしようという考えに基づき『乳核酸』が誕生しました。
大豆と黒豆を原料に、ゆっくりと時間をかけ、丹念に発酵・熟成された乳核酸は、日本の食文化である「発酵」を極め続け生まれたバイオジェニック商品です。

乳核酸 - LB - (50cc原液酪酸タイプ)

早めに変化を感じたい!という方にオススメ!!
液体なので浸透性がよく、発酵を極めたペプチド優位のエキスには、*有機酪酸が含まれており、特有のにおいがあります。
※植物やペットにもお使いになれます。

 50cc原液酪酸タイプ
【商品名】 乳核酸 - LB -
(50cc原液酪酸タイプ)
【価格】 12,960円(税抜12,000円)
≪栄養成分表示 1粒(0.416g)あたり≫
エネルギー:17kcal/水分:95.5g/たんぱく質:0.4g/脂質:0.1g/灰質:0.2g/炭水化物:3.9g/ナトリウム:4.7g
製造元『菱和ECOフード株式会社』

乳核酸ライカゴールドビーンズ(120粒タイプ)

原液が苦手!という方のために大豆発酵代謝エキス液粉末をカプセル状にしました。 粒タイプは量の目安もわかりやすいので、量の調整も楽に出来ます。 また、カプセルに一工夫!噛んでも口に残らない方法で加工しております。

 酪酸・黒豆エキスを凝縮したカプセルです。

【商品名】 乳核酸ライカゴールドビーンズ
(120粒タイプ)
【価格】 12,960円(税抜12,000円)
≪栄養成分表示 1粒(0.416g)あたり≫
エネルギー:2.22kcal/水分:0.023g/たんぱく質:0.120g/脂質:0.131g/灰質:0.001g/炭水化物:0.141g/ナトリウム:0.246g
製造元『菱和ECOフード株式会社』

乳核酸 - LZ -(10cc原液タイプ)

若さをキープしたい!新陳代謝が気になる!という方にオススメ!!
遊離性の必須アミノ酸が多く、脂肪燃焼として注目されているアディポネクチンも含まれております。 無臭タイプなので、外出先で使用しても気になりません。
※植物やペットにもお使いになれます。

 黒豆・無臭タイプ
【商品名】 乳核酸 - LZ -(10cc原液タイプ)
【価格】 2,590円(税抜2,400円)/1本
≪栄養成分表示 100g あたり≫
エネルギー:8kcal/水分:97.6g/たんぱく質:0.5g/脂質:0.1g/灰分:0.5g/炭水化物:1.4g/ナトリウム:15.4mg
製造元『菱和ECOフード株式会社』